「母の日参り」とは

母の日参りとは

「母の日参り」とは、母の日に感謝の念を伝えたい亡き母のお墓参りをすること。

「母の日」は元々、アメリカで一人の女性が亡き母への感謝の会を教会で開いたことがきっかけですので、原点に近い考え方ですね。
母の日とは(母の日の由来)

2008年に、日本香道が提唱して、徐々に広まり、2017年には、日比谷花壇をはじめ、「母の日参り」の考えに共感する5企業、5団体、合計10社による「母の日参りパートナーシップ」が結成されました。

2016年に「赤い糸」で有名な映像作家、奥下和彦氏デザインのシンボル・ロゴが作られ、2017年にはシンボル・ロゴ動画も作成されました。

日本香道「母の日参り」

日比谷花壇「母の日参り」 icon

「母の日参り」シンボル・ロゴ動画

 遅れてごめんね!いまからでも贈れる母の日プレゼント

【e87】鉢植えセット「京都・伏見三源庵 黒豆ロールカステラ」

5月8日(日)の母の日にプレゼントを贈り損ねていても、これからでも贈らないより贈ったほうがいい!

いまからでも母の日プレゼントとして贈れるサイトはこちら。

▼ ▼ ▼
■【e87】遅れてごめんね!母の日プレゼント特集 icon
■【日比谷花壇】遅れてごめんね!母の日特集 icon
■【セコムの食】母の日特集
■【高島屋】母の日特集
■【ベルメゾン】母の日ギフト特集 icon

 まだ間に合う母の日ギフト

【e87】母の日 アレンジセット「銀座千疋屋 銀座レーズンサンド」のアレンジ

今年2018年の母の日は今週5月13日(日)。多くの通販サイトが母の日期間お届けの母の日プレゼントの受付を締め切りました。
でも、まだこれからでも母の日期間に間に合うところもあります。締切が延長されたところも!
ついでに忘れないように父の日も一歩早くセットで予約できる母の日・父の日ペアギフトもおすすめ!

商品によって異なり、5月9日(水)から5月11日(金)まで

5月11日 (金)11:00まで

5月12日(土)朝9:00まで

当日でも間に合う

※12:00までの注文で当日配送!

 e87母の日プレゼント人気ランキング

千趣会グループの花とギフトの専門ショップ「e87」の母の日プレゼント人気ランキングが発表されていました。都度、変わるようですが、2018.4.9時点のランキングを書きましたのでご参考に。

イイハナ人気NO.1 母の日 鉢植え「アジサイ フェアリーアイ」

第1位:鉢植え「アジサイ フェアリーアイ」

長く楽しんでもらえる鉢植えが人気です。なかでも、この数年、ずっと人気を集めているのが、繊細でかわいらしいアジサイ「フェアリー アイ」の鉢植えです。

 母の日はいつ?

母の日は5月の第2日曜日です。

2017年の母の日は5月14日(日) 。

2018年の母の日は5月13日(日) 。
2019年の母の日は5月12日(日) 。
2020年の母の日は5月10日(日) 。
2021年の母の日は5月 9日 (日)。
2022年の母の日は5月 8日 (日)。
2023年の母の日は5月14日 (日)。
2024年の母の日は5月12日 (日)。
2025年の母の日は5月11日 (日)。
2026年の母の日は5月10日 (日)。
2027年の母の日は5月 9日 (日)。
2028年の母の日は5月14日 (日)。
2029年の母の日は5月13日 (日)。
2030年の母の日は5月12日 (日)。

初出:2012.3.12 更新:2017年4月28日

 母の日とは(母の日の由来)

カーネーションの花束

母の日はどのようにして始まったか、そしてなぜカーネーションを贈ることが多いのか、ご存知ですか?

母の日は、1908年に、アメリカのアンナ・ジャービスという女性が、亡き母の命日に、教会に白いカーネーションを捧げたことが始まりといわれています。
翌年には、「母に感謝を伝える日」として、赤いカーネーションを参加者たちに配ったそうです。

1914年に、「母をたたえる日」としてアメリカ全土の祝日となりました。

日本では大正時代に始まり、1947年から5月の第2日曜日を母の日としています。

赤のカーネーションの花言葉は「母への愛」、白のカーネーションの花言葉は「亡き母をしのぶ」です。