カタログギフト+αは最強の母の日プレゼント

【婦人画報のお取り寄せ】近沢レース店×婦人画報×リンベル 麻の葉(あさのは)&カメリアレースタオルハンカチセット

「何を贈れば喜ばれる?」
母の日プレゼントはほんと悩みますよね。

特に結婚して、夫の母、義母に贈る母の日プレゼントは、最初の数回は手探り。食品が喜ばれるとか、花のほうが反応がいいとか、だんだん気配はつかめても、そこから、また品選び。

実の親であるていど好みを知っていても、品選びに悩みます。
さらに贈るタイミング。旅行好きなら、何日も家を空けているときに生ものを送るわけにいかないし、かといって日持ちするものもネタ切れになります。

そこで浮上してくるのが、相手が好きなものを選んで、好きなタイミングで申し込める「カタログギフト」。
特に還暦などの際に、兄弟合同で1万円、2万円といった高額予算で贈ろうとするときは、外すわけにはいかないので、カタログギフトがいいですよね。

ただ、ここでまた悩みます。
カタログギフトは相手に好きなものを選んでいただけるいいギフトですが、金券を贈る的に、ちょっとストレートすぎないかと思うんですよね。

その解決策が、カタログギフトにプラスαで小物をつけたプレゼント、「婦人画報×リンベル」カタログギフト & 近沢レース店です。

さすが婦人画報がカタログギフトのリンデルと組んで作り出したギフトセット。
そのプラスαがまた老舗のレース店、年配女性の憧れブランドで心をくすぐります。

いろいろある「婦人画報×リンベル カタログギフト」を

【婦人画報のお取り寄せ】近沢レース店×婦人画報×リンベル 麻の葉(あさのは)&カメリアレースタオルハンカチセット

 お母さん憧れのリバティ―プリントの実用品に花を添えて

母の日 リバティプリント「メガネケース」と花束のセット

母の日に、お母さんに実際に日々使ってもらえる実用的なものを贈りたいと思ったとき、でも同時に「ワクワク」も贈りたいと思いますよね。
そんなときに最適なのがリバティプリントの実用品+花。

150年近い歴史を持つリバティはいまなお、テキスタイルのプリント柄をリードしています。毎年2月と8月にパリで開催されるファッション素材見本市「プルミエール・ビジョン」では、リバティが発表する次のシーズン柄が次の流行を左右する柄として注目を集めます。

リバティは英国の老舗百貨店ですが、創業者のリバティ氏は前の会社に勤めていたとき、日本の絹織物をはじめとする東洋美術品の仕入れで、その審美眼を発揮した人でした。

リバティ社の日本への思いは特別で、世界で唯一日本にだけ、英国リバティ社から独立した会社「リバティジャパン」があります。そして英国のリバティファブリックとは別に日本に合った色味のものが作られています。

そんなリバティプリントは、日本では女性憧れのブランドとして高い人気を維持し続けると共に、何度も大流行もしています。2005年には当時大人気だったモデル兼デザイナーの雅姫がリバティとコラボしてオリジナルデザインのリバティプリントを出して、人気を博しました。

2010年にもリバティプリントが大流行、ツモリチサトをはじめ、さまざまなファッションブランドでリバティプリントが使われました。

リバティプリントはお母さん世代の憧れ。小花柄やペールトーンの優しい色が好きなお母さんなら、元祖リバティプリントは必ず喜ばれます。

メガネケースや傘、そしてエプロンなど、お母さんが日常的に使える実用的でなおかつ気分が上がるプレゼントに花を添えて贈れば、母の日プレゼント必勝です。

「お高いのでしょ?」
確かに高級品なリバティプリントの実用品に高級花店日比谷花壇の花となれば安くはありませんが、このメガネケースと花束のセットなら五千円+消費税で贈れます。
兄弟で一緒に贈るなど予算があったら、贅沢なリバティプリント日傘とアレンジメントのセット1万5千円+消費税。

▼その他、扇子やスリッパなどいろいろなリバティプリント+花の贈り物を▼

母の日 リバティプリント「日傘」とアレンジメントのセット

 たとえば還暦。特別の母の日は伝統工芸江戸切子に花を添えて

母の日 プリザーブドセット「東京手仕事 山田硝子 江戸切子 ぐいのみ水玉万華鏡」

たとえば還暦。特別な母の日には、特別な贈物をしたいと思いません?
思い出に残る逸品。見るたびに、贈られた日を思い起こして、お母さんがほっこりできる、そんな品。

まさにそういう、特別な母の日ギフトにいいなと思うのが、東京の「伝統工芸品」。江戸の職人の粋と技を日々の暮らしの中で楽しめる江戸切子(カットグラス)のぐいのみ。

「水玉万華鏡」と名付けられたぐいのみは、側面からみると水玉状のカットが施されたシンプルなデザインですが、上から覗き込むと、底面に刻まれた菊のようなカットが放つ、万華鏡のような不思議な美しさが目に飛び込んできます。

持ってみると、すんなり手の中になじむ、ちょうどいい大きさ。ぐいのみといえばお酒で冷酒を飲むときにはぴったりですが、それだけでなく、麦茶を飲んだり、シャーベットを盛ったり......いろいろに使えます。

食器は使うたびに、手に取って洗うたびに気持ちに響くものなんですよねえ。
器を出すときに贈ってくれた子の顔が浮かび、器に注いだり、盛るときに、こどもと一緒に食卓を支度しているような楽しさがあり、食器を洗うときには大事に大事に扱いながら、また子の顔を思い浮かべて......。

この切子のぐいのみ、色はこの紫の他、青藍、金赤、モスグリーンの中から選べます。
お母さんが好きそうな色はどれかな?

和紙の箱も素敵なプリザーブドフラワーもいつまでも部屋を美しく彩ってくれますよ。

「東京手仕事 山田硝子 江戸切子 ぐいのみ水玉万華鏡」

 ガテン系の父の日の贈り物は安全で楽なワークシューズ

asics(アシックス)ワーキングシューズ

日頃がんばってくれているガテン系のお父さんに贈る父の日プレゼント、「実用的なものを贈るなら、絶対これだな」と思ったのが、asics(アシックス)のワーキングシューズです。

「asics(アシックス)のワーキングシューズ? スポーツシューズじゃなくて?」
と思う方もきっと多いですよね。
でも、実はasics(アシックス)はスポーツシューズで培った技術を使ってワーキングシューズもいろいろ作っています。運輸業つまりトラックの運転手さんなど向けや建設現場での仕事用などのガテン系向けワーキングシューズの他、看護師さん向け、消防士さん向けの消防操法専用シューズまで、実にプロフェッショナルな靴があります。

 母(mum)に、可愛いマム(mum)の花を

【日比谷花壇】母の日 アレンジメント「花てまり」

「マムの花って、どんな花? ......なあんだ、菊のこと?」

そう、菊の花です。でも菊と言うと、1本の枝に重たげな1輪が咲いた和風イメージ持たれがちですが、日本で「マム」という呼び方をされている花は、いわゆる「菊」とは少しちがいます。小ぶりで色や咲き方がいろいろあり、洋風のアレンジメントにぴったり。

お母さんは英語でマム、菊も同じスペルでマムと呼ばれます。そこで最近、母の日プレゼントとして、可愛いマムが注目浴びています。

日比谷花壇でも母の日ギフトにマムがたくさん用意されています。

 自分たちの写真でオーダーメイド

母の日の贈り物で、特に悩むのが、年配の、特にほしいものがないお母さんへの贈り物。
お金にもゆとりがあり、趣味のものなどは自分で買いたいお母さんに何を贈ればいいのでしょうか?

こどもが手を離れたお母さんが一番ほしいものは、アンケートなどで見ると、こどもが一緒に過ごしてくれる時間のようです。

でも遠い地で、いまは仕事や子育てなどで忙しいこどもたちは、なかなかお母さんと一緒に過ごす時間をとるのも難しい。

そんな場合に良いなと思うのが、自分たちの写真を贈ること。
孫の写真はいつだって眺めていたいおばあちゃんに孫の写真グッズ。
子ども時代のお母さんと一緒の写真をちりばめたグッズも素敵です。

■【名入れギフト.com 】思い出の写真で作るオリジナルグッズ
■【オンラインラボ】写真でつくる、たったひとつのオリジナル「フォトグッズ」