お母さん憧れのリバティ―プリントの実用品に花を添えて

母の日 リバティプリント「メガネケース」と花束のセット

母の日に、お母さんに実際に日々使ってもらえる実用的なものを贈りたいと思ったとき、でも同時に「ワクワク」も贈りたいと思いますよね。
そんなときに最適なのがリバティプリントの実用品+花。

150年近い歴史を持つリバティはいまなお、テキスタイルのプリント柄をリードしています。毎年2月と8月にパリで開催されるファッション素材見本市「プルミエール・ビジョン」では、リバティが発表する次のシーズン柄が次の流行を左右する柄として注目を集めます。

リバティは英国の老舗百貨店ですが、創業者のリバティ氏は前の会社に勤めていたとき、日本の絹織物をはじめとする東洋美術品の仕入れで、その審美眼を発揮した人でした。

リバティ社の日本への思いは特別で、世界で唯一日本にだけ、英国リバティ社から独立した会社「リバティジャパン」があります。そして英国のリバティファブリックとは別に日本に合った色味のものが作られています。

そんなリバティプリントは、日本では女性憧れのブランドとして高い人気を維持し続けると共に、何度も大流行もしています。2005年には当時大人気だったモデル兼デザイナーの雅姫がリバティとコラボしてオリジナルデザインのリバティプリントを出して、人気を博しました。

2010年にもリバティプリントが大流行、ツモリチサトをはじめ、さまざまなファッションブランドでリバティプリントが使われました。

リバティプリントはお母さん世代の憧れ。小花柄やペールトーンの優しい色が好きなお母さんなら、元祖リバティプリントは必ず喜ばれます。

メガネケースや傘、そしてエプロンなど、お母さんが日常的に使える実用的でなおかつ気分が上がるプレゼントに花を添えて贈れば、母の日プレゼント必勝です。

「お高いのでしょ?」
確かに高級品なリバティプリントの実用品に高級花店日比谷花壇の花となれば安くはありませんが、このメガネケースと花束のセットなら五千円+消費税で贈れます。
兄弟で一緒に贈るなど予算があったら、贅沢なリバティプリント日傘とアレンジメントのセット1万5千円+消費税。

▼その他、扇子やスリッパなどいろいろなリバティプリント+花の贈り物を▼

母の日 リバティプリント「日傘」とアレンジメントのセット

 母(mum)に、可愛いマム(mum)の花を

【日比谷花壇】母の日 アレンジメント「花てまり」

「マムの花って、どんな花? ......なあんだ、菊のこと?」

そう、菊の花です。でも菊と言うと、1本の枝に重たげな1輪が咲いた和風イメージ持たれがちですが、日本で「マム」という呼び方をされている花は、いわゆる「菊」とは少しちがいます。小ぶりで色や咲き方がいろいろあり、洋風のアレンジメントにぴったり。

お母さんは英語でマム、菊も同じスペルでマムと呼ばれます。そこで最近、母の日プレゼントとして、可愛いマムが注目浴びています。

日比谷花壇でも母の日ギフトにマムがたくさん用意されています。

 母の日に、妻に感謝のバラの花束

バラの花アップ

母の日には、自分の母親へ贈るだけでなく、日ごろがんばってくれている、わが子の母、妻への感謝を贈りたいもの。

情熱的で、まるで恋人時代に戻ったような贈り物、それがたくさんのバラの花束。

ウェルネスでは色や本数を指定して、バラだけ、あるいはカスミソウなどだけを添えたバラの花束を贈ることができます。
【ウェルネス フラワー&グルメギフトショップ】本数別バラの花束 (20本?100本) icon

icon icon

 バラやガーベラなど多様な花束が人気の母の日フラワーギフト

母の日花束バラ他20100326

男性の方は、バラだけ数十本といった花束を贈ることを好むようです。
豪華で情熱的でそれはそれでいいでしょう。

ただ一般的には、多様な花を組み合わせた花束がおしゃれな感じで女性には好まれます。

母の日でもカーネーションだけよりも、カーネーションに加えて、バラやガーベラなどを組み合わせた花束が人気があります。

予算別花束選びは詳細ページにて紹介します。

おしゃれな母の日の花束が揃っている【e87.com】母の日ギフト 鉢植え icon