大人女子が喜ぶ、さりげなさがいいキキ&ララのグッズ

キキ&ララの内側に星空が広がる雨傘
▲【ベルメゾン】キキ&ララの内側に星空が広がる雨傘

ディズニーファンタジーショップで、大人も楽しめるキャラクターグッズを提供してきたベルメゾンが、最近、次々にサンリオとコラボしてサンリオのキャラクターが活躍するアイテムを出していて、これが大人女子のハートをつかんでいます。

この『Little Twin Stars/Deuxetoile(リトルツインスターズ ドゥエトワール)』シリーズは、この夏から、ベルメゾン限定大人の女性のためのキキ&ララのアイテムとして登場しました。

まだ新しいので、キキ&ララ好きの彼女も持っていない、知らないアイテムがきっとあるはずだから、誕生日プレゼントにはぴったりです。

たとえば、この「キキ&ララの内側に星空が広がる雨傘」は外側、他人の目に映る部分は無地だから、大人が持って恥ずかしくないキャラグッズ。

でも雨傘のでも内側にはキキ&ララの星空が広がっています。これって幸せ。
憂鬱になりがちな雨の日も、そっと内側を見て、心が癒され、楽しい気分になれます。

傘の布地の縁にはピコレースがあしらわれ、細身の優雅な持ち手。
女子の心を上げるデザインです。

キキ&ララの内側に星空が広がる雨傘の内側と縁のピコレース
▲【ベルメゾン】キキ&ララの内側に星空が広がる雨傘の内側と縁のピコレース

キャラクーグッズってオモチャっぽいイメージがありますが、この傘は雨をしっかりとはじく高い撥水力があります。
さらに収納袋には持ち手がついているので、腕に引っ掛けて持ち運べるのも便利です。

キキ&ララの内側に星空が広がる雨傘の内側
▲【ベルメゾン】キキ&ララの内側に星空が広がる雨傘の内側の柄

 大事な人が映画「プーと大人になった僕」に心動かされていたら、誕生日に大人のプーさんグッズ

ディズニー プリザーブドセット「くまのプーさんの陶時計」
▲ディズニー プリザーブドセット「くまのプーさんの陶時計」

先日9月14日、映画「プーと大人になった僕」が公開されましたね。

多忙な日々に、大事な人との大事な約束が後回しになりがちで悩む......って現代日本人の日常である気がします。

主人公の僕は男だけど、女も、いえ、女こそ、こういう気持ちにさいなまされている人、多いんじゃないかなあ。

もしも、あなたの大事な人が、忙しい日々の中で時間を割いて、映画「プーと大人になった僕」を見に行き、心動かされていたら......あるいは見に行けない忙しさを嘆いていたら、そのデスクにさりげなく置ける卓上のプーさんを、誕生日に贈りませんか?

たとえば「くまのプーさんの陶時計」とプリザーブドフラワーのセット。
陶器の時計だけでなく、プリザーブドフラワーの鉢にも、ケーキを持ってきてくれたプーさんや仲間たちの姿が描かれています。

え!? くまのプーさんを自分は知らない? キャラもわからない?
ではとりあえず最低限は大事な人と話せるように覚えておきましょうね。

お皿の左から、小さなブタのぬいぐるみ「ピグレット」、ケーキを持っているのが「くまのプーさん」、主人公の僕の後ろにいる青いのがロバのぬいぐるみ「イーヨー」、茶色い2匹がカンガルーの親子のぬいぐるみ「カンガ・ルー」です。

描かれたケーキから、見るたびに誕生日にこれを贈ってくれたあなたの顔が思い浮かぶ贈物です。

ディズニー プリザーブドセット「くまのプーさんの陶時計」
▲ディズニー プリザーブドセット「くまのプーさんの陶時計」

 「ボケてきた?」億劫がるおばあちゃんに成功体験を贈りたい

【日比谷花壇】手作りインテリア フラワーボード「Happiness Flower」
▲【日比谷花壇】手作りインテリア フラワーボード「Happiness Flower」

最近、おばあちゃんがめんどくさがりになってきていませんか?
わたしはおととし仕事で、認知症を予防したり、初期段階で進行を止めるための本を医師監修の下で書きました。
認知症の初期症状としてまず出てくるのが、このめんどくさがりになること。脳の認知機能が下がることで、ものごとがめんどうになり、同時にめんどくさがってやらなくなることで、刺激が減り、さらに認知機能低下が進むという悪循環。

実は本を書き始めて、まもなく、父が脳卒中で倒れ、そこから、認知症が進み始めました。なんとか進行を止めたいと思ったのですが、父は元々めんどくさがりで、トレーニングなどが大嫌いな人。結局、運動させたり、趣味を続けさせたりすることができず、90歳過ぎたいまでは、かなり認知症が進んでしまい、後悔しています。
もっと早い段階で、もっとこまめに父の興味を引くもの、当時の父の認知機能レベルでも楽しめる趣味を見つけておくべきだったなあと。

監修の先生のクリニックのリハビリのスタッフは、レベルに合うことをやらせて、成功体験を重ねさせることが大事とおっしゃっていました。

先日、日比谷花壇で「手作りインテリア フラワーボード「Happiness Flower」 」を見て、ちょっと億劫がるようになったおばあちゃんにちょうどいいなあと思いました。

難しくないのに、でも自分で作った感が味わえ、しかもできあがりはおしゃれ。まず失敗がほとんどありません。

手作りインテリア フラワーボード「Happiness Flower」
▲【日比谷花壇】手作りインテリア フラワーボード「Happiness Flower」

 タオルも極上なら、感激されるプレゼントになります。

極ふわ やさしいたおる‐premium‐フェイスタオル
▲【シャディ】極ふわ やさしいたおる‐premium‐

タオルと言うと、年賀の手ぬぐい代わりのタオルとか、お店がノベルティ的に配る店名入りタオルとか、なんとなく安っぽいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
個人が贈るとしても、出産や快気祝いなどの内祝いといった大量配布のギフトイメージがあるかもしれません。

でもね、極上の選び抜かれたタオルなら、プライベートな贈り物でも感激してもらえる贈りものになります。

喜ばれる贈り物のひとつとして、
「自分では買わないけど、もらったらうれしいもの」

というのがあります。

タオルは日常使うものだから、消耗品だから、そこまで上質なものを使っている人はごくごく少数派。
セールでまとめ買いしたタオルを使っているひとも多いはず。

わたしは母が亡くなるときに残した言葉から、
「日常的に、そして肌に触れるものは、できるだけ上質なものを」

と思っています。

わたしの母は兄夫婦と弟夫婦と仲良く海外旅行に行って、帰ってきて、毎年恒例の健康診断に行ったところで、緊急に大病院を紹介され、入院して、わずか2か月で、亡くなりました。がんでした。

入院してまもないときに、父の妹が極上のパジャマを母に贈ってくれました。
それを着たら、あまりに肌触りがよく、心地よく、母は
「日常のものこそ、いいものを使ってくればよかった。いまからでもそうする。お願い、いいパジャマとタオルを買ってきて」
老舗デパートに行き、母のために買ってきました。
母は最期の時間、優しい感触をいとおしむように楽しみました。

百歳を超えるまで生きるかもしれないと思うと、ついつい、贅沢は控えて節約します。でも、突然、死がやってきたとき、後悔することになるかもしれません。
自分ではなかなかできない贅沢。それが日常使う日用品の贅沢。

だからプレゼントに選びたい、極上のタオル。

特に、お金があっても、ふだんのものは節約しがちな年配の方、おじいちゃん、おばあちゃんにぜひ贈ってみて下さい。

今治謹製 紋織タオル フェイスタオル2枚セット(木箱入)
▲【シャディ】今治謹製 紋織タオル フェイスタオル2枚セット(木箱入)

 中秋の名月近くの誕生日には月見イメージの花

【日比谷花壇】そのまま飾れるブーケ「お月様とうさぎ」
▲【敬老の日 】そのまま飾れるブーケ「お月様とうさぎ」 icon
▲【中秋の名月 】そのまま飾れるブーケ「お月様とうさぎ」 icon

誕生日に花を贈ろうというとき、花のギフトサイトに行ったら、すぐに「誕生日プレゼント用」コーナーに直進していませんか?

確かに誕生日らしい素敵な花が並んでいますが、何回もそこから贈っていると、だんだんネタ切れ......。

その人が生まれた月らしい誕生日祝いを贈ってみてはいかが?

【日比谷花壇】アレンジメント「月夜のダンス」