誕生石イメージアレンジメントは特別感

バースデーストーンリザーブド&アーティフィシャルアレンジメント

彼女や奥さんの誕生石をご存知ですか?
わりと女性なら知っているものです。
たとえばわたしは9月なのでサファイア。

その誕生石をイメージしたアレンジメントが日比谷花壇にはあります。
それがこれ、バースデーストーンプリザーブド&アーティフィシャルアレンジメントです。
上の写真はサファイアをイメージした9月用です。

アーティフィシャルフラワー、すなわち造花を使っていますが、生花を特殊加工したプリザーブドフラワーが入っていることもあり、ナチュラルなイメージに仕上がっています。
青いバラはプリザーブドフラワーで、ベージュの花はアーティフィシャルフラワーですが、自然に溶け込んでいますよね。

自分の誕生石をイメージしたアレンジメントは特別感があり、自分に合わせて選んでくれた感があります。

 ほしいものがない旦那の誕生日プレゼントに

■【日比谷花壇】花束「気持ちを伝えるMESSAGEMAG」ペアセット

旦那に贈る贈り物って難しくて、悩みません?
そもそも、ふだんから洋服とか食器とかビールとか買っているわけで、日常的に使いそうなもの、飲んだり食べたりするものを買っても、誕生日プレゼント感がゼロ。
趣味があって、それが手ごろな価格なら、趣味のものもありだけど、それもなくて、特にほしいものがない旦那に、いったい、何を贈ればいいのか!?

こういうときは、もう物の力に頼るのではなく、思いを込めたり手をかけるしかありません。
というわけで、おすすめがこちら「花束『気持ちを伝えるMESSAGEMAG』ペアセット」。花束とマグカップが2つずつのセットです。
このマグカップは、ひとつのマグカップには「to him」、もうひとつのマグカップには「to her」と書かれたちゃんとカップル用のマグカップなんですよ。

思い1つめは、「ペアのカップでこれからも一緒に一息入れようね」の気持ち。

思い2つめは、手書きのメッセージ。

上の写真の左のマグカップ「to him」の裏側が、右の手前メッセージスペースなんです。そして右のマグカップの裏側には「to her」。カップの反対側にはメッセージを書けるスペースがあり、付属の鉛筆でメッセージを書くことができます。
贈るときにメッセージを書くもよし、たとえば自分が遅くなる日、マグカップに「冷蔵庫に夕飯を用意したから食べてね」とメッセージを書いたマグカップを食卓に置いておくなんて使い方もできますね。

メッセージは洗剤とスポンジでふだんどおりに洗えば、だいたい消えます。付属の鉛筆が使い終わったら、色鉛筆でも描けます。
花と一緒に届くので、誕生日の食卓にその花を飾って、旦那が好きなごはんを出しましょう。

花束「気持ちを伝えるMESSAGEMAG」ペアセット

 バラの花びらで包まれた豪華な花束でサプライズ

■【日比谷花壇】バラの形の花束ペタロ・ローザ「シャイニングレッド」

誕生日に花束...基本的ですが、それでいながら、やっぱり女性なら喜んでくれるプレゼントです。

でも、どんな花束?

女性が親しい相手に贈るなら、相手の好みそうな色や花の種類で花束を選べますが、相手の花の好みまでわからない場合には花束を選ぶのに迷います。
男性がよくやりがちなのが本数勝負。たとえば100本のバラなど。サプライズではありますが、受け取った後「え、どこに置こう?」その後に悩んでしまったり、逆に相手に引かれたり...。

サプライズ花束として人気があり、実際、女性に贈ったらきっと喜んでもらえる花束、それが日比谷花壇が意匠登録している、まるで一輪の豪華なバラのように見える花束「ペタロ・ローザ」です。

 美容院の開店祝いに日比谷花壇から花を贈りました

■【日比谷花壇】フラワーパティシエ「サクラホイップ」

先日、長年スタイリングを頼んできた美容師さんが独立してお店を開きました。
駅ビルの大きなお店から、夫婦二人の可愛らしいお店「chic HAIR」へ。

開店したのは2月12日。バレンタインデー直前。

お店を開くと聞いた時から、開店祝いの花を贈ろうと決めていました。選んだのは日比谷花壇のオンラインストア。
贈った自分が納得、うれしくなるような、きれいな花があるからです。そして、仕事上のおつきあいなどでも安心して贈れる伝統ある花屋でもあるからです。

▼ ▼ ▼
■【日比谷花壇】フラワーパティシエ「サクラホイップ」

▼ ▼ ▼
■【日比谷花壇】開店祝い特集

日比谷花壇_法人向けフラワーギフト

 100本のバラより、彼女の星座のプリザーブドフラワー

【e87】星座プリザーブドフラワー

占いが気になる女子は、ほぼみんな、自分の星座はもちろん、相性占いなどのため、彼の星座も知っています。
彼のほうはどうでしょう?

男性は100本のバラなど単純にボリュームとわかりやすい花種を選びがちですが、よほど前後のシチュエーションや贈り方を考えないと、逆に引かれます。
実はわたしは学生時代に先輩の芝居の切符を消化すべく、誘ったクラブの仲間の男子から待ち合わせ場所でバラの花束を渡されて、困惑すると同時に、思いっきり引いた経験があります。

女子は基本的に「かわいーっ!」が好きです。「キラキラ」が好きです。そしてお花はいつでもうれしいプレゼント。だけど、なによりもうれしいのは、自分のことを「知っていてくれる」こと。ピント外れな贈り物は「わたしのこと、わかってないなあ」と逆効果。
だから彼女に、妻に、重すぎない、でもちょっと喜ばせたい、記念の誕生日祝いを贈るなら、彼女の星座のプリザードフラワー。彼女の星座をちゃんと知っていて、それを贈るというのがポイント。

このe87の星座プリザードフラワーは、バラの花のプリザードフラワー(半永久的に咲き続けるように時を止めた生花)に、彼女の星座石(フェイク)付のカギがついています。あなたの心のカギを預ける...そんな思いで贈りましょう。

生まれた月の石、誕生石は多くの女子が知っていますが、星座石を知っている人は少ないので、彼女がプレゼントを目の前で開けたときは、「(たとえば)エメラルドが君の誕生石なんだねえ」などと話のタネもできます。

星座は誕生日がわかれば、おおむねわかります。下の一覧をどうぞ!
ただし星座の切り替わり日前後、下の一覧の星座の始まる日や終わりの日の誕生日の場合はちょっと注意が必要。たとえば1月20日は基本的には水瓶座とされますが、生まれた年と時刻によって山羊座の場合もあります。本人も知らない場合が多いので、星座のプリザードフラワーを選ぶ前にここはさりげなく、
「君の誕生日は生まれた年と時刻によって星座が変わるだろ?君の星座はどっちなの?」と聞いてみましょう。そこで
「そうなの、誕生した時刻まで知らないし、どっちの星座かよくわからなくてめんどくさい」
なんて言われたときは、星座プリザードフラワーは避けて、誕生石ベアのプリザードフラワーに切り替えましょう。

▼ ▼ ▼
■【e87】花フラワー「誕生石ベア」

いつまでも美しさを失わないプリザーブドですが、弱点はホコリ。このプリザーブドフラワーは透明なボックスに入っているので、花にホコリがたまる心配がなく、まさに半永久的に美しさを保ちます。

 ダイヤの輝き!?花びらにメッセージ...印象的なプリザーブドフラワー

【e87】プリザーブドフラワー「レター・ローズ?想いを込めて?」

思い出だけでなく、やはり形としても残したい...そんな誕生日の記念になる花ならプリザードフラワー。
プリザードフラワーは特殊加工を加えることにより、長期保存を可能にした生花です。生花なので、造花にはない繊細さと自然さがあります。色のついた水を吸わせることで自然にはない色をつけることができ、生花ではできないアーティスティックな表現が可能です。

花専門通販のe87には、花びらに直接メッセージを印刷した生花のばら「レターローズ」という商品がありますが、そのレターローズのプリザードフラワーがあります。さらにダイヤモンドのように輝くラインストーンも花びらについていて、とても贅沢で、印象的な贈り物です。

■【e87】プリザーブドフラワー「レター・ローズ?想いを込めて?」 icon

e87.com(千趣会イイハナ)

 イニシャルチャーム付フラワーアレンジメントで記念の誕生日祝い

【日比谷花壇】イニシャル&バースデーフラワーC

花の贈り物はかなりの確率で女性を喜ばせることができます。
ただし、男性は花を贈るとき、しばしば「バラ100本」のように量で勝負しがちですが、これは感激されるか、嫌われたり、「センスがない」と見られるか、両極の危険な勝負。
女性に無難に喜んでもらいやすいのは、センスのいいアレンジメントフラワーです。

「記念の誕生日祝いだから、記念に残るものにしたい」と思ったとき、「ただ、きれいなだけのアレンジメントではなく、もっと特別感をがほしい」と思ったら、おすすめしたいのが、日比谷花壇のイニシャル&バースデーフラワーです。
日比谷花壇のデザイナーがデザインしたオリジナルボックスにアレンジされた花に、イニシャルあるいはハートのチャームが添えられています。

■【日比谷花壇】イニシャル&バースデーフラワー icon