母の日は解凍して食卓に出すだけでごちそうな「母の日おせち」

母の日が近づくとスーパーのチラシには、「母の日にはカレー」とカレーフェアが掲載されています。でも、お母さんには不評。そんな手抜きメニューじゃ、お母さんはうれしくありません。
やっぱりふだん自分では作らない、作れない、ごちそう感が求められています。

そして母が一番喜ぶのは、物より一緒に過ごす時間。

母の日に、母に本当に喜んでもらいたいなら、母の日おせちを母と一緒に食べましょう。

お取り寄せおせちの老舗、博多久松の母の日おせちは、和洋のごちそうと、スイーツが詰め合わされたごちそう。
2-3人前と、4-6人前で、一人前が二千円ちょいなので、特別感ある外食&デザートよりもリーズナブル。

花屋かなピンク色の風呂敷をほどくと、花が描かれた紙帯がかかった白木の箱。
感謝を伝えるメッセージ台紙と造花のカーネーションもついています。

 人気殺到のハーバリウム、瓶に閉じ込めた花はインテリアとして楽しめる母の日プレゼント

母の日 Healing Bottle「Thanks with Flowers」

最近、お花屋さんの商品で注目されているハーバリウムを知っていますか?
植物標本という意味なのですが、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを瓶の中に専用のオイルとともに閉じ込めたフラワーインテリア。
オイルによって、ドライフラワーには思えないくらい、みずみずしく、生き生きとして見えるところが、人気で、かなり売れているようで、日比谷花壇の母の日ギフトのハーバリウム「ヒーリングボトル」も4月中ばには売り切れる勢いと聞いています。

手入れも特に不要で、いつまでも美しい花を楽しめるところが、母の日プレゼントにぴったりですものね。

瓶を揺らすと、中で枝や葉のついた花がゆらゆらと動くのが、心を癒してくれます。

母の日以外のハーバリウム「ヒーリングボトル」は

日比谷花壇のハーバリウムHealing Bottle

 センスが良い薔薇のリース型寄せ植え

ローズのハートリース

ミニバラの寄せ植えは、センスの良さが光る贈り物。
しかもバラは豪華さの点でもまちがいなし。

何年か前から母の日プレゼントとして登場したミニバラのリース型寄せ植えは、毎年、各店ですぐ売り切れになる人気アイテム。

ぐずぐずしていると売り切れる可能性大です。
今なら早得プライス。お早めに予約を!

写真の商品はイオンのハート型リースの寄せ植えですが、今年はありません。
同様にミニバラのリース型寄せ植えをご紹介↓

 オフくらいお母さんもCrocsで華やかシューズ

【Crocs(クロックス)】classic floral clog クラシック フローラル クロッグ

お母さんって、ほおっておくと、「もう年だから...」と地味に、地味に走りますよね。

でも、昔よりどんどん若返っている時代、お母さんももっと華やかな色、かわいい色を身にまとってもいいはず。

母の日に、ここは娘の出番。
「きれいな色を身につけたほうが明るく見えるよ」
とプレゼントしましょう。

「年甲斐もない...」なんて気持ちも、娘がいいとすすめてくれたら、安心して殻を破れます。

恥ずかしがりのお母さんなら、庭や近所の買い物に、クロックスのきれいな色のクロッグを履いてみるところから始めてはどうでしょう?

こちらは「classic floral clogクラシック フローラル クロッグ」。オンラインスト限定のきれいな色柄が素敵です。
公式オンラインストアにはちゃんとプレゼントパッケージも用意されていますよ。

【Crocs(クロックス)】classic floral clog クラシック フローラル クロッグ

 自分たちの写真でオーダーメイド

母の日の贈り物で、特に悩むのが、年配の、特にほしいものがないお母さんへの贈り物。
お金にもゆとりがあり、趣味のものなどは自分で買いたいお母さんに何を贈ればいいのでしょうか?

こどもが手を離れたお母さんが一番ほしいものは、アンケートなどで見ると、こどもが一緒に過ごしてくれる時間のようです。

でも遠い地で、いまは仕事や子育てなどで忙しいこどもたちは、なかなかお母さんと一緒に過ごす時間をとるのも難しい。

そんな場合に良いなと思うのが、自分たちの写真を贈ること。
孫の写真はいつだって眺めていたいおばあちゃんに孫の写真グッズ。
子ども時代のお母さんと一緒の写真をちりばめたグッズも素敵です。

■【名入れギフト.com 】思い出の写真で作るオリジナルグッズ
■【オンラインラボ】写真でつくる、たったひとつのオリジナル「フォトグッズ」

 おかあさんの刺繍をオーダーしてプレゼント!

【LANDS' END】イニシャル刺繍入りブラウス

母の日ギフトに特別感が出る刺繍入りファッション

【LANDS' END】ハートイニシャル刺繍

アメリカの人気カジュアルブランドのLANDS' ENDでは、母の日ギフトに、「エンブロイダリー・ギフト」として、イニシャルとデザインを指定オーダーした刺繍入りアイテムが用意されています。

刺繍はお母さんのイニシャルと錨などのクラシックな柄との組み合わせや、ハートデザインのイニシャル刺繍、独自デザインのモチーフなど柄もいろいろあれば、色も豊富。

【LANDS' END】カラフルな刺繍

LANDS' ENDは刺繍サービスを得意としていて、刺繍サービスのスタートは1993年ともう長い歴史を持っています。ポロシャツなどに学校や会社のロゴマークを刺繍したユニフォームなどを提供してきました。もちろん個人からのオーダーも長年受けています。

この細やかな刺繍で、自分のイニシャル入りのアイテムをもらったら、かなり特別感が伝わってきて、きっとお母さんは友達に自慢するんじゃないかしら。

ランズエンドの母の日ギフト