贈物ガイド.com »食品ギフト.com »杉浦非水とは

三越オリジナルギフト 杉浦非水画パッケージのサントリーザ・プレミアム・モルツ

杉浦非水は日本のグラフィックデザイナーの祖。多摩美術大学の前身である多摩帝国美術学校の初代校長でもあります。
明治9年に生まれ、日本画家を目指して、東京芸大の前身、東京美術学校に入りましたが、在学中に洋画家の黒田清輝から洋画や欧風図案の指導を受け、図案家、現在でいうところのグラフィックデザイナーへ転向します。大阪の印刷所で図案部主任に就任しましたが、図案部が解散したため退社。雑誌の表紙などで、アール・ヌーヴォーのモダンな欧風の図案を発表して話題を集め、明治41年に三越呉服店の嘱託デザイナーになりました。明治43年には三越呉服店の図案主任に抜擢され、明治44年に三越のPR誌『三越』を発刊します。
後にカルピス社の顧問になったり、大蔵省専売局(現日本たばこ産業)の嘱託としてタバコのパッケージ図案を任されたり、いろいろ活躍しました。
大正11年から13年にかけてヨーロッパで学び、帰国後、大正14年にポスター研究団体七人社を結成して、商業デザインの世界の黎明期に指導的な役割を果たしています。

彼の傑作を図柄として用いたスペシャルパッケージの三越オリジナルギフトが2014年のお歳暮に登場しました。

 ▼ ▼ ▼

三越オンラインストア ギフト

セコムの食