イタ飯、スープカレー、マカロン......平成を振り返る美味ギフト

Brasseri Le Rire(ブラッセリー・ル・リール) パエリア&ペンネアラビアータのセット

「イタ飯」と言う言葉をあなたは知っていますか?
知っていたら、あなたは平成が始まったときに既に物心がついていた年代ですね。

平成の初め、まだバブルが香っていた時代、イタリアンレストランの食事を「イタ飯(いためし)」と呼んでいました。
既に大人だったわたしは、取引先に、広尾の住宅街の隠れ家的イタ飯屋で「打ち上げ」と称してご馳走になったことを覚えています。

やがて、イタ飯屋で出てくるドルチェ(デザート)のティラミスが空前のブームに......。

さらに地中海料理、おしゃれスイーツのマカロンなど、平成に日本で広まった食べ物たちを、平成最後のギフトにしてみてはいかが?

日本橋高島屋で、今年のお歳暮を紹介していただき、試食してきたのですが、インパクトあったのが、この平成グルメでした。

Brasseri Le Rire(ブラッセリー・ル・リール) パエリア&ペンネアラビアータのセットのパエリア

たとえば代表的なイタ飯ペンネアラビアータに、最近新たなブームの気配がするパエリアのセットは、平成の食の進化を、電子レンジでチンするだけで楽しめます。

▼北参道の健康に気遣った人気レストランBrasseri Le Rire(ブラッセリー・ル・リール)パエリア&ペンネアラビアータのセットを▼

Brasseri Le Rire(ブラッセリー・ル・リール) パエリア&ペンネアラビアータのセット

 大丸松坂屋のインスタ映え美味お歳暮がおいしすぎる

【大丸松坂屋】《ハインリッヒ・ウド・ダニエル》ダニエルさんのフィンガーフード&スイーツ
▲【大丸松坂屋】《ハインリッヒ・ウド・ダニエル》ダニエルさんのフィンガーフード&スイーツ

最近の大丸・松坂屋のギフトには、インスタ映えを狙った美味が揃っています。
それで、また、これがおいしいんですよねえ。
試食してみると、贈り物にするというより、家族や友達と一緒に食べたくなる味。
贈ると同時に、自宅にも送りたくなる味。
美味しすぎるわ、これ。

この後は、特に頑張る女子友に贈りたい美味、親に贈りたい美味など、食べて特に気に入ったものをご紹介します。

インスタ映え美味ギフトを贈るなら▼

 カタログギフトとは?

シャディのカタログギフト「AS YOU LIKE(アズユーライク)」の1見開き
▲【シャディ】カタログギフトの1見開き

カタログギフトとは、贈られた人がカタログの中から好きなものを選べるスタイルの贈り物です。

みなさん、カタログギフトは一般名詞だと思っていませんか?
実は「カタログギフト」は、ギフトの老舗「シャディ」が1992年に、自社のカタログギフト「AS YOU LIKE(アズユーライク)」の名称として、商標登録した名称です。そもそももらった人がカタログから好きなものを選べるという、このスタイルも、シャディが1987年に始めました。

恥ずかしながら、わたしもそれを知らず、カテゴリに「カタログギフト」と名付けて、シャディ以外の会社が出しているカタログで好きなものが選べるギフトを紹介していました。

シャディのカタログギフトのカタログ
▲【シャディ】カタログギフトの1見開き

 仙台銘菓「萩の月」に花を添えて敬老の日に

【日比谷花壇】敬老の日 菓匠 三全「萩の月」とそのまま飾れるブーケのセット
▲【日比谷花壇】【敬老の日】菓匠 三全「萩の月」とそのまま飾れるブーケのセット

仙台銘菓「萩の月」は仙台土産の代表で、首都圏ではふつうは手に入りません。常時売っている通販もありません。

日比谷花壇からなら、この「萩の月」に花を添えて、敬老の日に贈ることができます。

敬老の日に贈るなら
 ▼ ▼ ▼

萩の月

 TBSテレビ「この差って何ですか?」高島屋・三越・大丸・イオンが押したお中元は!?

TBSテレビ「この差って何ですか?」(2018年6月12日放映)で「大手4社『こだわりのお中元』の差」として、高島屋、三越、大丸、イオンの押しのお中元が登場しました。
それがすべて食品ギフト......やっぱり食べ物が贈り物の鉄板になっているのですね。

たとえば上司や取引先に贈るのでも、奥さまやお子さんが喜ぶものがいいんだそうです。

まずは各社のイチオシのギフトからご紹介します。

《スイーツセルクル》【高島屋限定】手作りシュークリームセット

高島屋のイチオシは《スイーツセルクル》『手作りシュークリームセット』

「こだわり抜いた厳選素材。」がテーマの高島屋のイチオシは、《スイーツセルクル》の『手作りシュークリームセット』。
番組では榊原郁恵さんが上手に作って、MCの加藤浩次さんに試食させていましたね。

シュークリームの皮と2種類のクリーム、トッピング用のミックスベリーがセットになっていて、受け取った方が、手作りしてシュークリームを完成させる手作りセット。
すべて「厳選の北海道産素材」を使ってあるんですよね。

先日、日本橋高島屋で行われたお中元発表会に行き、番組にも出てきたバイヤーの方から、商品についてうかがってきました。
友人が、この発表会のじゃんけん大会で勝って、このセットをもらえることになったのですが「外れたら、自分でお取り寄せするつもりだった」といったくらい、おもしろくて、おいしそうで注目のギフト。

「スイーツセルクル」はブラッスリーセルクルのオーナー、きむらまどかさんが手がけるスイーツ専門店です。
ブラッスリーで生んだ独自の脱水技術を生かしたシュークリームはぱりっとしていて、スイーツセルクルの人気商品です。

トッピングフルーツまで入った手作りセットは高島屋限定商品ですが、シンプルな手作りセットや、できあがったシュークリームはスイーツセルクル楽天市場店などで買えます。

《フラーズ》すいかパン

大丸のイチオシは《フラーズ》すいかパン

「人気商品のさらなる進化」をテーマにした大丸のイチオシお中元は 《フラーズ》『すいかパン』 。
昨年赤いすいかパンを出したのですが、今年はヘタ部分をくるみで表現した「黄色いすいかパン」も登場して、2つセットのギフトです。

《フラーズ》のパンって、ふわっと柔らかくて、ほんのり甘くておいしいんですよ。

先日大丸のお中元に関する勉強会で、わたしもこのすいかパンをいただきました。パンに練りこんだ「スイカ果汁」、テレビではよくわかっていたようですが、わたしはいまいちそこはわからなかったものの、ほんのり甘くて、いつまでも噛んでいたくなるような幸せを感じました。種を表現すべく埋め込まれたチョコチップがまたほどよく甘みを加えていて、素敵なティータイムのお供です。

《フラーズ》すいかパンのクローズアップ